【DRMを簡単解説】最強のマーケティング手法!!

こんにちは!!

さんしろうです!!

 

今回は
個人で稼ぐには必ず知っておくべき
正直、最強のマーケティング手法の1つである

 

『DRM』(ダイレクト・レスポンス・マーケティング)について解説します。

 

「聞いたことないな・・・・」

「え?・・・知らない・・」

という方が多いのでは
ないでしょうか?

 

めっっちゃ簡単に言うと
直接販売のことです!!!

 

はい!説明終わり!!!!
ということはしませんので
ご安心を!(笑)

 

真面目な話、DRM
これをしっかり身につければ

 

個人の収入としては青天井に
伸びていきます

 

副業でやっているのなら
本業の収益を超えて稼ぐことも十分可能です

 

そうなってくれば

これまで我慢していた海外旅行に行ったり
欲しいものを我慢せず買えたり
経済的な自立の中で生きていけます

 

更にいうと、このDRM。
仕組み化(自動化)も可能です!!

 

時間・場所に縛られずに
旅先でパソコンを眺めているだけでも

 

毎日自動販売機のように自動的に収入が
発生し続けるのです

 

人生の自由度が上がり
毎日好きなことをして
生活することも可能…………

 

 

それくらい可能性に満ち溢れた
マーケティング手法が
このDRMです

 

こうした理想的な未来を実現する為にも
ぜひ、第一歩としてDRMを理解し

一緒に実践して
いきましょう!!

 

では早速説明していきます

そもそもDRMとは?

 

先程も説明したように最も
簡単に説明すると

商品を直接顧客に販売することです

 

あえて難しい説明をするなら

 

”見込み客”の反応を促し

”直接的な関係”を構築して、

”収益”を生み出していく仕組み

 

このようなイメージです。

 

例えば1対1の対面営業の例だと

 

まずは自分を相手に知ってもらい
自分のお客様になっていただく(集客)

 

そして会話や度重なる訪問で
顧客と信頼関係を構築し(教育し)

 

お客様の悩みの解決に繋がる
最もベストな商品を提案する(販売する)

 

このリアルビジネスの流れを
ネット上で行うのが

簡単にいうとDRMです

 

DRMの原理原則

 

更に詳しくみていきます

ネットを使って個人で稼いでいく為に
必要なDRM。

その原理原則は・・

1.見込み客の反応を促し、集める
(集客)

2.関係性構築や必要を伝授
(教育)

3.商品、サービスの提供
(商品販売)

 

この流れになります

 

冒頭でも申し上げましたが
商品を直接販売することに
他なりません!!!

 

しかも、ネットを使ったDRMは
レバレッジが効いていて

 

同時に多くの人に
アプローチが可能となります

 

見込み客の集客はSNSやブログ・メルマガ
YouTubeなど様々な媒体で行い

 

商品自体の魅力や無料のコンテンツなどを
通して体験していただく

 

それらの発信や直接のやり取りの中で
信頼関係を構築し

商品をご提案する
という流れです

 

イメージが掴めてきたでしょうか?

 

コンビニのパンを買う事例

 

見込み客を集めて信頼関係を作り
商品を売る

 

商品を直接販売するのがDRM、と
これまで何度もお話してきました

 

それには信頼関係が大事です

では、ここでコンビニでパンを買う事例を見てみます

 

 

あなたはコンビニには新鮮なパンが置いてある
と信頼してパンを購入しますよね?
(無意識のうちに信頼しています)

 

無意識でも信頼して価格と内容に
納得して、購入に至っているわけです

 

もっと細かくみると

 

コンビニに置かれているパンは

①パンを作る  =10円のコスト
②パンを運ぶ  =55円のコスト
③パンを置く店 =55円のコスト
④パンを買う人 =120円支払う

といったように

 

 

この4者間の取引によって
成り立っています

 

一方で

 

DRMではこのパンを作って売る
この工程のみになります

 

 

つまり
①パンを10円で作って
②顧客に120円で売る

 

②と③の工程がない分
利益率は高くなります

 

ネットを使った販売であれば
見込み客の数だけ

売上金額も利益も
増え続けていくことになります

 

だから、DRMは収入が
青天井と呼ばれているのです

 

しかも、DRMを極めて
仕組み化すれば

 

自動で見込み客を集め
自動で信頼関係を構築し
自動で商品を販売する

 

 

そんな、リアルビジネスでは
考えられない自動収益の世界
見えてきます

 

それ程、可能性に満ち溢れているのが
DRMになります

 

見込み客の集客(リスト集めること)
信頼関係の構築

 

ココが鍵。

 

よくネットの世界で言われている
自動化
仕組み化

その入り口となるのです。

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

今回は

『DRM』(ダイレクト・レスポンス・マーケティング)について
解説してきました

内容をまとめると

 

① DRMは直接販売である

② ”見込み客”の反応を促し    (集客)

  ”直接的な関係”を構築して   (教育)

  ”収益”を生み出していく仕組み (販売)

③ これら全てが今は直接取引の
  個人で完結できる時代であること

 

僕自身、DRMの
集客→教育→販売を繰り返し
実践と修正を繰り返しただけで

 

ツイッターなどの情報発信を始めてから
わずか2ヶ月で月収6桁まで到達。

 

年内には月収7桁も見えています。

 

これは
僕だから出来たわけでは
決してないです

 

ココから先は
あなたの行動次第。

 

しかし

 

とは言っても、まず何から
始めたら良いの?

 

見込み客を集めると言っても……………
どうやって自動化?

 

と、手が止まってしまう人も
多くいるでしょう。

 

そのお気持ちもよく分かります。

そんな方はぜひ、僕のメルマガや公式ラインで

 

ブログではお話できない
この先のDRMの自動化まで

 

お話ししています。

興味がある方は
無料で見れるので是非登録してみてください。

 

さらに!!

今、メルマガや公式LINEに登録
して頂くと・・・

5つの無料特典が!!!

登録はこちらから

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

今回プレゼントする特典ですが、全部で5つあります。是非情報発信で活用してくださいね。

 

LINE追加は下記からお願いします。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

※個別にプレゼントをお渡ししているので、確認の為
スタンプをお願いします

 

 

それではまたお会いしましょう

 

最後に
この記事を読んで役に立ったと
思っていただいていたら応援お願いします

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。