現界隈のリーダー、いしやんさんに深夜までZOOMコンサルをしていただいた話

情報発信の”核心”を覗いた。

 

どーも、さんしろうです。
久々のブログ更新となりました。

 

今回はあの、ツイッターコンテンツビジネス
現界隈のリーダーと言っても過言ではない

 

いしやんさん(@ishiyan666)にスポットZOOM
コンサルをしていただける貴重な機会があったので

 

そこでの学びをシェアします。

 

正直、今年に入ってから、いやこれまでの
学びの中で最も”脳が揺さぶられる”程の
濃い時間を過ごさせていただきました。

 

濃い時間でありながらも、1時間の体感時間が
ものの数分に感じる、という不思議な感覚。

 

内容も本質的で、誰もが避けがちな
情報発信の核心に迫る内容。

 

・自分の発信のコンセプトがあやふや

・「情報の切り売り」に限界を感じている
でもコンテンツビジネスをやっている

・コンテンツビジネスへの”モヤモヤ”が
消えない

・いわゆる、情報商材を売ることに抵抗を
感じる

 

こんな方には心からおすすめなので
ぜひ最後まで読んでいってください。

 

いしやんさんはこんな方

“狼のような生き方”を体現されている
いしやんさんプロフィール


  • 自立した互いに実力を認め合った仲間と
    共に作る”共創”が発信コンセプトであられる。
  • 半年利益2000万円。
  • スペースで100人以上の同接続維持、
    約3000人にアーカイブが見られる。
  • コンサル生にもバチバチに結果を出させている。
  • 誰にも媚びず、信念を曲げず、自分の人生を生きる “真の狼” を増やす。が使命。

 

というとんでもない実力と実績を
兼ね備え、

 

先日のリアルタイムローンチの
ブレインの販売もこれまで見たことの
ない熱量で

 

・28時間ぶっ通しでコンテンツを
 作られたり

・12時間連続でブレイン購入者と
 通話したり(しかも連日)

・コンサル生に人生が変わるような
 10時間の熱いコンサルを提供したり

 

という人に向き合い、行動を惜しまず
自分の理念や主義・主張の筋を曲げない

 

熱くも物腰やわらな、すごい方です。
(凄すぎて、最終的に語彙が崩壊。)

 

ツイッターのアイコンも
中々に迫力あられるので

 

スポットコンサルを受ける前は
正直、めちゃくちゃビビっておりました………

 

「お前、覚悟が足りねーよ」

(いしやんさん、ごめんさない)

 

って位は言われるかと思っていましたが⇦

 

とても気さくで親身になってアドバイス
して下さる、奥に熱量が沸々と込み上げている
優しい方でした。

 

自分史に取り掛かったりして
固まりつつある僕自身の主義・主張や

 

ビジネスの理念を僕も熱くなって
お伝えしても、受け止めていただき

 

僕が抱えていたコンテンツビジネスへの
“心のモヤモヤ”も取れて

 

本当におかげ様で今は
スッキリした気持ちでビジネスに取り組めています。

 

書きすぎると学びを永久に
書いてしまいそうなので

 

次の3つに絞って今回の学びをシェアさせて
いただきます。

 

繰り返しますが行動してるんだけど成果が出ず
コンテンツビジネスにモヤモヤを抱えて人は
ぜひに。

 

人の定義の中で生きるな

冒頭で言っていた

 

“情報発信の核心”に迫るところです。

 

これ、めちゃくちゃ大事です。

 

AをBだと言い切る。

 

これには勇気と覚悟が入ります。

 

他のものもあることを知っている上で
言い切るのが情報発信の世界では大切です。

 

だって、例えば

 

『本業を超える収入を稼がせ
 WEBマーケであなたを脱サラさせます。
 オレについてこい。』

 

 

っていうコンセプトで発信してる発信が

 

「でもでも、会社員の魅力もあるよね」

 

って発信してたら受け手としては


「???

 いやいや、アンタどっちなん?」

 

って迷いますよね。

 

だから、
その2つのことを把握した上で

 

覚悟を持って言い切ること

 

これが大切です。

 

この根幹にあるのが何か
そして

 

“稼げている発信者”と”そうでない発信者”の
違い
は何か?

 

というと

 

自分の価値観・経験の棚卸しをしっかりと行い
理解し他者の心理を理解した上での
(ここもめちゃ重要です。)

 

❶自分の主義・主張を貫いた発信をしているか

❷やることをやっているか

(これは後述します。)

 

これに尽きます。

 

これをいしやんさんから言われたとき

自分の足りなかったところを
ド直球のストレートで射抜かれた
感覚を受け

 

「グサグサグサグサ」

 

 

四方八方から刺されたような、でも
納得感があり頭に雷が落ちて

 

いい意味で頭を予想もしない角度から
“脳味噌ごとバット”で殴られたような

 

そんな感覚に陥りました。
マジで、これ。

 

これ大事。

「自分が最も力を入れていかないと
 いけないのはこれだ」

 

そう確信するに至りました。

 

そもそも日本人は生来の教育の
せいもあり、

 

自分の主義・主張を他者に発言し
討論することが苦手です。

 

だから、ツイッター運用勢を見ても

 

・他人のツイートのコピペ

・偉人の格言のコピペ

・低レベルな傷の舐め合い

・メンターのまるパクリ

・思ってもいない発言をする
気持ちの悪い運用
(やってることと言ってることが違う)

 

って言うのが日常茶飯事です。

 

でも、それでは代替可能だから、
選ばれない、商品が変われない。
人から共感を貰えない。
(これは、自分にも言っています。)

 

だから

 

”自分軸”を持って自分という
フィルターを通して見えた世界を
“覚悟を持って”発信していきましょ。

 

ただ、世の中はトレードオフ。

 

「何かを得たいなら、何かを捨てないといけない。」

 

 

残念ながら最初から自分軸を貫ける程、
甘い世の中ではないです。

 

なぜなら、実績も肩書きもなんもない人に
発言権がないから。

 

最終的に主張したい自分の主義・主張は
固めておきながらも

 

『発言権を得るまでは一時的に譲歩
できる範囲の
自分の軸、変なプライド』

 

自分に言い訳せずにこれらを捨てて

 

『発言権という実績をまずは取りに行く必要が
 ある。話はそこから。

 

これも今回、いしやんさんから
強く学ばせていただいたことの
一つです。

 

やることをやれ

当然ながら自分軸を持って
唯一無二の素敵な発信をしていても

 

それだけでは求める結果は
得られません。

 

これも、トレードオフ。

 

圧倒的な結果を出してる発信者は
とにかく

 

やることをやっています。

 

これに尽きるな、と。

 

でもってその
やることをやるの基準値が

 

成功者とそうでない人では大きく違って
成功するまでの一定期間、

 

全てを捨てて注ぐ覚悟で全力投球した
経験が

 

みんな成功者には共通していると
僕は感じます。

 

ただ、いきなりこれまで頑張れて
いなかった人が

 

「うおおおおぉぉぉぉぉ!!!
この1年は死ぬ気でビジネス頑張る!!」

 

 

……..ってなったところで続かないので
(続いてたら今頃とっくに成功してる)

 

・やらざるを得ない環境を自分で作る。

・まずは30日頑張る。

 

と言う風に最初はハードルを下げつつ
自分自身を追い込んでいくのが重要かと。

 

人間、根源は皆んな怠惰なんで
やる必要がなければやらないし動かない。

 

だからそこは、過去に自分が1番力を発揮した
場面とか自分なりと勝ちパターン

 

これらを
自己理解をしておくと

 

ブレイクスルーは近いはず。

 

 

正解を求めず行動することで

自身も“意図的にブレイクスルー”を起こしていく。

 

そう強く思えた
今回のいしやんさんのスポットコンサルと
なりました。

 

器の大きい
いしやんさんに本当に感謝。

 

自分の中の”モヤモヤ”を解決するコンテンツを提供する

前の章で終わろうかと思ったけど
まだまだ書ききれない。(笑)

 

最後に一つだけ、今回の学びでも
大事なことをシェアします。

 

コンテンツビジネスをやっていて
「なんか、違うな」

 

というモヤモヤを抱えている人には
ぜひ読んで欲しい。

 

というのが今回、
いしやんさんに

 

「自分は稼ぐ系だけの、いわゆる
 知識の切り売りをしたくないです。」

「コンテンツビジネスをリアル事業でも
 活かしたいと考えています。」

 

っていうことを相談させて
いただきました。

 

WEBマーケの知識や稼ぎ方、
ツイッターの伸ばし方と言う知識を
誰かから教わり

 

それをまた誰かに教えて自分も
収益を上げる。

 

これに僕は違和感を抱えていたんですよね。

 

いしやんさんも同様のことを考えていた
過去がある、とのことで

 

僕にこうアドバイスしていただきました。

 

「自分の中のモヤモヤを解消すること。
 それをコンテンツにすることで
 多くの悩みを解消することができる。

 僕らはその”モヤモヤ”から逃げずに
 立ち向かって行くしかない。

 その”モヤモヤ”を自分の中で
感じられる人だけが

 人に真の意味で届けることができる。」

 

…..これには痺れました。

 

いしやんさんは、自分の抱えていた
モヤモヤに対して

 

過去に教材で購入者に行動させることが
できなかった、

 

という苦いご経験から、その自分なりの
答えとして

 

コンサルティングをメインにビジネスを
展開されている、とのこと。

 

ここまで読んでいただいた方は
おそらく想像していただけるかと思いますが

 

いしやんさんのコンサルティングは
いわゆる

 

「稼ぎ方はあまり教えていない」

 

とのこと。

 

それよりも

 

「人としてどうあるべきか。

 どうやったらその人の人生良くなるか。」

 

まさしく、”人生単位”で
コンサル生と向き合われてるな、と忖度抜きで
感じました。

 

これも、いしやんさんなりの自分軸。
主義・主張があるからです。

 

誰に何を言われても
一本筋の通った自分の心からの本音の
主義・主張の構築。

 

これを固めていきます。
背中で見せていただきましたね。
今回。

 

自分自身もコンサルティングの
失敗の過去もあるので

 

やり方・考え方の再定義を
していき、

 

関わった人にプラスを与える
自分という”コンテンツを通して”
その人の人生をよくするものを
届ける。

 

”好きな人と、相互繁栄のビジネスを”

 

が僕の今のビジネス理念です。

 

綺麗事ではなく人生単位で
ビジネスを通して僕も体現していきます。

 

自分自身にプレッシャーをかけるためにも
このブログに記しました。

 

やや脈絡なくなりましたが、
本当に感謝。

 

まとめ

ツイッターの140文字ではどうしても
今回の学びは収まりきらなかったので

こうやってブログに書かせていただきましたが
いかがだったでしょうか?

 

僕自身も含めてですが、
この記事を読んで

 

少しでもやる気になったり新たな
気づきがあったり

 

ブレイクスルーを起こす火種

 

そうなれたら嬉しいです。

 

ではまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。